福島ツーリング

8月最終の週末、MT-07で福島まで 1泊ツーリングに行ってきました。

私、リターンライダーなのですが、30年位前に現役?で乗っていた頃から続くクラブのツーリング。4年前、私がリターンし、またお世話になっております。

新潟経由、福島で一泊

千葉から出発し各所各所で合流し、関越道三芳PA集合場所ではほぼ30台。

ハーレーから80年代レーサーレプリカまで様々なバイクが大集合。チームの歴史を感じます。

 

台数が多いと、まとまってとめるのが困難ですね。

新潟までは関越道で直行です。

小出ICで降り、魚沼で昼食です。やはり30人余りでは1軒では入りきれず、蕎麦屋さん2軒に分かれました。

国道252号で福島まで。途中、田子倉ダムで休憩。

宿泊は会津、津尻温泉。

夕方前、明るいうちに到着。

天気予報と裏腹に終始良い天気でした。

翌日、朝、雨

天気予報通り朝は雨。しかし出発時間を遅らせる事30分、見事に雨は止み、晴れ間が!!

国道118号線で日光方面、霧降高原を目指します。

途中、川治ダムで休憩。

昨今、霧降高原も暑い。

以前、霧降高原を訪れた時は、天候も関係するのだろうが、夏でも寒いくらいだった記憶が有る。

話では聞いていたが、最近ではここも結構暑いらしい。

途中、山から涼しい風を感じる所もあったが、この日も暑かった。

霧降高原大笹牧場

ここでは茶色い牛「ブラウンスイス牛」のミルクが有名らしい。

昼食はジンギスカン。

山を下り、日光ICから東北道を目指し走る。

霧降高原も暑いと思ったら、下はこんなものではない。

日光宇都宮道路、今市付近だったか、外気温42℃を示していた。

バイクで順調に走っていても、危険を感じる暑さだった。

やはり異常な暑さだ。今から思えば上は30℃ほどで、しのぎやすかったのだ。

佐野SAまで何とか辿り着き休憩。水分を取らないと危険。

後は各々のペースで帰路へ。

大勢のツーリングもやはり楽しいです。独特の雰囲気が有ります。

企画、お世話して頂いた方に感謝です。

MT-07 燃費

去年はこのようなツーリーングにV-MAXで参加させて頂きました。今年はMT-07でライディング、給油ともに非常に楽でした。

ほぼ高速  236.5km 8.16L 29km/L

全高速   88.2km 3.40L 25.9km/L

田舎道   155.9km 5.45L 28.6km/L

市街-山-高速 197.5km (6.10L) 32.3km/L ここでは給油満たんに満たなかったかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください