Back Up

WordPressのアップデートが有るようで、”今すぐ更新してください”と書いてある。

しかし、アップデートの前にバックアップ取ってくれ、との記載が・・。

調べたところ、プラグインで簡単にできるらしい。「プラグインを追加」の所で「back up」で検索。一番最初にヒットし、最もインストール数の多い「Updraft Plus」を入れることにした。

プラグインを追加updraft

プラグインを追加updraft

 

 

 

 

「今すぐインストール」を押し。インストールが終わるとボタンが「有効化」に変わる。すぐさま「有効化」を押す。

追加されたupdraft

追加されたupdraft

 

 

 

 

プラグインに追加されたので、設定を押す。

updraft設定

updraft設定

 

 

 

 

早速「今すぐバックアップ」を押してみる。が・・・・・

updraftストレージ未設定

updraftストレージ未設定

 

 

 

 

 

なるほど、何処にバックアップしたら良いか判らん、ということか。そりゃそうだ。

「キャンセル」して「設定」を選ぶ。

updraftストレージ設定

updraftストレージ設定

 

 

 

 

 

「Google Drive」を選んでみた。

updraftストレージgoogleに設定

updraftストレージgoogleに設定

 

 

 

 

 

 

良くわからないが、このままで良さそうなので、そのまま「変更を保存」を押す。

updraftストレージgoogleに設定メッセージ

updraftストレージgoogleに設定メッセージ

「Follow this…..」を押すと

googleのアカウント選択が出た。

環境によってはgoogleのログインなどが出るのだと思う。

進めていくと、

updraftストレージgoogleリクエスト

updraftストレージgoogleリクエスト

 

 

アクセス確認で「許可」を押す。

 

 

 

 

updraftコンプリート

updraftコンプリート

 

「Complete setup」を押す。

 

 

updraft設定

updraft設定

再び、設定の最初の画面。

今度こそ「今すぐバックアップ」。

 

updraftストレージ設定後

updraftストレージ設定後

 

今度は、ストレージに”保存されない・・”旨のメセージがなかった。

「今すぐバックアップ」を押す。

 

 

updraftバックアップ進行

updraftバックアップ進行

 

バックアップしています!

あとでgoogle driveを確認したところ、「UpdraftPlus」のフォルダが作られファイルが入ってました。

おそらくバックアップ大丈夫でしょう。

もう少し調べて自動バックアップなどを設定しないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください