MT-07 2018」タグアーカイブ

MT-07 スクリーン取付

MT-07 に ヤマハ純正 ミドルスクリーン を取り付けました。

今度、新潟の方までツーリングに行くことになり、高速道路を長く走るという事で、以前から検討していたスクリーンを付けました。

ヤマハ純正を見ると、2018年モデル用は、以前の物とは別の物になっている。フロント部は同じように見えるが、互換では無い様子。

2018年8月現在、社外品で2018年モデル対応が見当たらない。仕方ないので純正品を買うしかなさそうだ。

早速 ヤマハ純正品を注文

純正では スクリーンは2種。小さい「フライスクリーン」と、それより大きい「ミドルスクリーン」。風よけをメインに考えるので大きい方を選択。

税込¥21600。高いな・・

ヤマハ純正 Y’s GEAR Q5KYSK114R03 ミドルスクリーン を注文。

バイク屋さんだと定価なので、ネットで少しでも値引き売っているのを発見。

yahooショッピングで「SP-Shop」で¥18360 。15%OFFと、なんだかんだで Tポイントが2013ポイント付で買えた。盆中にもかかわらず、2日足らずで届いた。

意外と小さい

18'〜 MT-07 RM19J ミドルスクリーン ヤマハ純正 Q5KYSK114R03

ミドルスクリーン ヤマハ純正 Q5KYSK114R03

Q5KYSK114R03 純正ミドルスクリーン

Q5KYSK114R03 純正ミドルスクリーン

スクリーン色はクリアタイプのみ。写真ではちょっと見づらいですね・・

思っていたより小さかったです。

厚さは4mm程でシッカリしていて、周囲は滑らかです。

Q5KYSK114R03 純正ミドルスクリーン サイズ

Q5KYSK114R03純正ミドルスクリーン サイズ

取付

Q5KYSK114R03取説1

Q5KYSK114R03取説1

Q5KYSK114R03取説2

Q5KYSK114R03取説2

↓赤丸のネジにステー取り付けるようです。

2017年モデルの純正ミドルスクリーン場合は ↑ 緑丸のネジ(ヘッドライト部を開けるネジ)の所にステーを取り付けるみたいです。

スクリーン ステー付

スクリーン ステー付

取付は簡単。4本ネジを取って、そのネジでステーを付ける。ステー裏には「L」「R」の刻印が有り、上下左右が分りやすい。

これを期にETCのアンテナ位置を変えたので時間がかかってしまったが、スクリーンの取付は簡単だった。

MT-07スクリーン付

MT-07スクリーン付

やはり小さい気がする。

2017年モデルと比較

↓ 2017年モデルのMT-07&ミドルスクリーンの方が大きく見える。しかもこれは¥19440。2018年モデル用は¥21600に値上がりしているし・・。

2017年モデル

2017年モデル

(今度、同じ角度で写真を撮ります)

今日は取付のみ。

クリアですっきり、美しく付いたので、とにかく今度、走ってみて防風性能を確かめてみます。

MT-07 2018 伊豆ツーリング

MT-07慣らしが終わって、初の長距離。高速も初。

所属ツーリングチーム企画の伊豆半島を一周するルートです。いつもお世話になります。

新車のMT-07ここでは初お披露目です。

MT-07

MT-07

やはり「小さい」「700cc大型バイクに見えない」という反応。

取り回し、本当に楽です。

稲取港朝市、金目釜飯

今回の最大の目的、稲取で釜飯朝食です。

いつもはランチメインですが、朝市なので朝食です。これに合わせて集合も早かったのです。

稲取 金目釜飯

稲取 金目釜飯

金目鯛の釜飯が700円ですから、安いですね。そして、おいしいです。

あら汁や、漬物も付いて、おかわり自由です。

地元の魚介、青果物などが売っていて、素朴でいい朝市です。

七滝茶屋

続いて河津、七滝茶屋。

七滝茶屋

七滝茶屋

わさびや、イチゴで有名らしく、芸能人サインがいっぱい飾ってありました。

クラッシュドストロベリー

クラッシュドストロベリー

5月初旬までは、生苺パフェが有るそうですが、今は冷凍苺の「クラッシュドストロベリー」。

南伊豆ジオパークビジターセンター

伊豆最南の道路を通り、石廊崎ヒリゾ浜を見下ろします。

晴れていればもっとエメラルドグリーンに輝く海が見られたはずですが、それでも十分きれいでした。

ヒリゾ浜

ヒリゾ浜

 

海岸線で最南端端まで行き、県道59号~県道411で伊豆市を経て箱根を抜ける。

やはり伊豆ツーリングはいいですね。

景色よし、道よし、食べてよし。

案内された県道59号~411号のワインディング良かったですね。(自分は得意ではありませんが・・・)。

燃費

前半は高速道路メインの走行で、そんなに飛ばさず、渋滞もなく、特に低燃費に気を使ってもいません。

28.6km/L

後半、海岸線やや渋滞~山ワインディング。(そんなに上まで回していません。)

26.9km/L

でした。

期待通りの いい燃費だと思います。今度30km/Lにチャレンジしてみたいです。

MT-07 初走行

MT-07 2018年モデル初走行

ゴールデンウィーク、天気も良く、千葉県南房へ。

納車後初めての走行です。

鹿野山を抜け、県道182号もみじロードを通り、南房総市へ。定番のルート。

やはりMT07、軽いです。初乗りでも、気軽に楽に乗れます。

慣らし運転、6000回転以下との事ですが、4000回転で90km/hは出せるので、高速に乗っても特に問題ないと思います。

低速でエンストなんて話がネットにありましたが、特にそのような事はありません。

特にパワフルという事もありませんが、乗りやすいです。早く「慣らし」を終わらせて回してみたいです。

イカメンチ

イカメンチ

TVで度々見かけるイカメンチの釜新商店に立ち寄りました。

イカメンチMT07

イカメンチ

夕方、天気が危ういので早めに帰ります。

鈴乃屋

鈴乃屋

金谷の辺りは、非常に混んでいたので、富津で昼食。

そば石臼挽き

そば石臼挽き

MT07初走行

MT07初走行

覚悟はしていたが、汚れます。この色、汚れ目立ちます。チェーンがきれいで、これですから、こまめに掃除をしないと・・・・

燃費

結局初走行は、今日は140km程。

燃費は、141.1km/5.09Lで

27.72km/Lでした。

バイク納車ならず

今週末、今日、明日頃にバイクが納車出来る予定だった。

ヤマハ MT-07

4月10日に2018年モデル、マイナーチェンジで発売。

3月にショップの方に注文した。17日に入庫して、今週末頃には納車できそうだった。

結局、入庫が来週末に延び、ゴールデンウィーク中の納車も危うい。

納車したら、無線を付けたり、USB電源等、付けなければツーリング時不便なので、今度のマスツーリングまでにそれらの装備、もちろん「慣らし」も終えなければ・・・

納車日が待ち遠しい・・・・

モーターサイクルショー2018

東京モーターサイクルショーに行ってきました。

3月23日平日、金曜日の午後1時。

一般公開開始時刻前には到着しましたが、混んでました。

ビッグサイト臨時駐車場

ビッグサイト臨時駐車場

ビッグサイト正門付近で誘導、案内され臨時駐輪場へ。もうすごいバイクの数。

入場待ちの列

入場待ちの列

チケットを買うのは待ち時間なし。

入場のための長蛇の列。大人数ですが、続々入るだけなので10数分待ちで入場。

私、MT-07を購入予定なので、早々にYAMAHAブースへ。

YAMAHA貰った

YAMAHA貰った

YAMAHAでカタログ等貰い、見学。

Tracer900GT

6月15日発売のTracer900GTが壇上に。

Tracer900GT

Tracer900GT

MT-09SP

MT-09SP

MT-09SP

こちらも発表されたばかりのMT-09SP。オーリンズが目を引きます。

MT-07 2018

このバイク珍しく固定されていません。

自分で乗って、直立させて、揺さぶって重さ(軽さ)が体験できる。

いろんな人が大勢来るイベントで勇気あるな、YAMAHAさん!

MT-07 2018

MT-07 2018

お目当てのMT-07 2018マイナーチェンジ。

フロント周り、ウインカー変わりました。

立ちごけでウインカーが真っ先に行ってしまいそう。

シートは良くなってます。

MT-07 2018リア

MT-07 2018リア

リアフェンダー周りも凝った造りに変わりました。

若干リアフレームも変更があったようで、現行純正キャリアは付かないらしいです。

発売間もない車種

SCR950

SCR950

XSR900

XSR900

ネオレトロは人気がありました。

実際に見るとやっぱり現代のバイクですね。

 

他にもいっぱい過ぎて紹介しきれません。今日はYAMAHAだけで・・・・