D.I.Y.」カテゴリーアーカイブ

VX-8Dクリップ作り

VMAXに付けていた無線機「FTM-10S」を外してしまったので、これからはVMAXで無線を使う場合、「VX-8D」を使う。

ハンドルには取付ブラケットは付けたまま流用しVX-8Dを使う時だけ取り付ける。

FTM-10Sはフロントコントロール部のマイクを使う 運用の為に、ワンタッチで取れるクリップ
&ホルダが付属していた。

FTM-10S クリップとホルダ

FTM-10S クリップとホルダ

このホルダにVX-8Dように使う。

VX-8D付属のクリップは長すぎて、このホルダには収まらない。

01VX-8DのクリップとFTM-10Sのホルダ

01VX-8DのクリップとFTM-10Sのホルダ

作ります。

02アルミ切り出し

02アルミ切り出し

付属クリップと同じ太さで短いものを真似てアルミ廃材で作る。

 

03アルミ付け

03アルミ付け

クリップ根元のネジ穴部分は2枚重ねて厚みを出し、先端の「引っ掛かり」の部分はアルミロウを垂らして厚く盛り、ヤスリで削って形作る。

04クリップ完成

04クリップ完成

ペンキを塗って完成。

↑上が付属のクリップ、真ん中が今回作った 短いクリップ、下のホルダに収まる長さ。

いい感じにホルダにはまる。

一回クリップに挟んだだけでペンキが剥げてしまう為、保護フィルムを貼ったらちょっと変になってしまった・・・

05取付イメージ

05取付イメージ

こんな感じで付ける予定。簡単に脱着が出来る。ケーブル類が面倒そうだが・・・

ちなみ、にFTM-10SはMT-07に積む予定なので、新たにヤエス-オプションのハンドルバーブラケット「MMB-M11」を買いました。参考までに内容を乗せておきます。

MMB-M11

MMB-M11

これにはクリップ、ホルダは付属しません。

一番下の黒い四角いのはハンドル保護調整用ゴムシートで、薄、厚、長、短、4枚付属。

リアボックス ライト

CB400に付けた、GIVIのリアボックス内にLEDライトを付けました。

今まで、100均のLEDライトを張り付けていたが、大きく邪魔だったり、落ちたり、不評だった。

100均のLEDライト

100均のLEDライト

小さく、邪魔にならず、ヘルメットなどをしまっても、ぶつからない

このコンセプトで作りました。

先日アキバで部品は調達済み。

部品

部品

電池は家にいっぱい余っていて小さい単4型X3本に、大き目のチップLED4灯、100Ωの抵抗器1本、小さいスイッチはアルミ板を適当に切って、GIVIケースにある突起に挟まるようにした。

完成

完成

1粒は眩しいが、ちょっと小さすぎたかも・・・

完成

完成

ここに何か溝が有るのでスイッチをはめ込んだ。

線を張り付ける

線を張り付ける

線を細く切った両面テープで貼る。

点灯

点灯

上のここにLEDを貼った。

正面

正面

開けた状態で自分に直接光が当たらないようにして、庫内を照らす。

あまり、全体を照らすほどの光量は無いが、暗い所では役立つでしょう。

100円位しか掛かっていないので、こんなもんでしょう。しばらくこれで様子を見ます。

Bluetoothスピーカー

格安BuluetoothのHJX-001をヘルメットインカムに改造できないか目論んだが、ダメそうなので、アンプ、スピーカーを付けてみた。

以前、適当なアンプが必要でアマゾンで買ったのだが、わざわざ中国から贈られてくるのに1ヶじゃ申し訳なく、安かったので複数買っておいた。

アンプ

アンプ

ステレオ3Wボリューム付で121円だった。

スピーカも以前、秋葉原で衝動買いしてしまった物。

スピーカ

スピーカ

3インチ10Wで強力磁石。しかし取付ネジ穴がない。

そして家にあるベニヤ板の切れ端でエンクロージャーというか箱を作る。

ベニヤで側面が変だし、木の毛羽立ち激しいので、100均のカッティングシートを貼る。

木の破片を加工してスピーカをおさえ、アンプ、Bluetoothレシーバー、電池ボックスもくっ付ける。

蓋をして、手持ちのツマミを付け完成。

バスレフの穴なども考えたが、面倒なので無し。密閉式。

ペアリングして鳴らしたところ、低音は良く出る。

Bluetooth送信でTVの音を飛ばしてみたが、チャット延滞が有るが、まぁ使えそう。

安い部品で作ったが、こういう製品も安く売っているで、作るの趣味でやってみたという所でしょうか。

 

 

格安Bluetoothレシーバー

Bluetoothの接続機器等をいろいろ調べていたら、アマゾンで妙に安いBluetoothオーディオレシーバーが売っていたので買ってみた。

HJX-001

HJX-001

HJX-001

価格、なんと178円で売っていた。

評価を見るとちゃんと使えるようだ。他の格安BTレシーバーの評価は酷評だが、これは「使えない」という評価がほぼ無い。

しかし、販売店によっては、「来ない」など怪しい店もある。販売店評価が高く、評価人数も多い店を選び買ってみた。いや、買おうとした。

178円の店は送料無料だが注文最終段階で「販売手数料」なる物が300円程追加される。しかもこの商品が1注文で1個しか注文できない。複数回注文すれば都度、販売手数料がかかる仕掛けだ。

これでは面白くないので、310円で売っている、送料無料でもちろん販売手数料がかからず、複数注文できる店で買ってみた。

3月26日に注文し4月16に届いた。ずいぶんとかかったが、もともと「お届け予定日」はこれ位だったので、予定通りだった。

普通に使える

HJX-001裏

HJX-001裏

裏に説明書があるが、適当にやってみる。

USB充電器に刺し、ミニ3PジャックをPC用アンプ内蔵スピーカーに刺し、アンドロイド携帯電話とペアリングしてみる。

HJX-001ペアリング1

HJX-001ペアリング1

USBにさすとすぐさま青LEDが点滅しペアリング動作に入る。

携帯でBT機器を探すと接続可能な機種で何やら16進数のアドレスが見つかった。これをタップし接続すると・・・

HJX-001ペアリング成功

HJX-001ペアリング成功

名前が「BT_DONGLE」に変わり、接続したスピーカーからチャイム音が鳴り、ペアリング成功。

携帯電話の音楽などちゃんとに鳴らせた。

ヘッドホン刺し

ヘッドホン刺し

アンプを通さず、直接ヘッドホンでも聞くことが出来た。

この機器、一切ボタンなど無いため、音量調整は携帯電話でするしかない。

最大にしても、小さめの音です。これは、直ではスピーカーを鳴らすの無理でしょう。

PCに刺す

電源を取ろうとPCのUSBに刺したら・・・

PC刺し

PC刺し

USBメモリーでも刺したような反応。

「コンピュータ」を開くとやはり、ドライブが増えている。

PC再生

PC再生

その中にmp3とwavファイルが入っている。が、ダブルクリックしても再生しない。

ペアリングされている携帯電話で音楽を再生し、PC上のHJX-001内にあるmp3またはwavを再生すると、携帯電話の曲が再生された。

しかし、かなりのタイムラグ。飛んだり、止まったり、かなり不安定。再生ソフトもGOMプレーヤーはフリーズ、WINメディアプレーヤーだと再生できるとか。

このような使い方は、使い物にはなりませんでした。

直ヘッドホンも、いまいちなのでアンプに繋いで何かに利用するとします。

HJX-001中

HJX-001中

ケースは簡単に開いて、電源入力、音声出力をつなげるので、今度、格安アンプ、スピーカーを付けて遊んでみます。

トイレ交換

5年ほど前に便座を交換したのですが、それが壊れてしまった。

これを機に便器交換。

パナソニック アラウーノにしようと思ったが、現在パナソニック便座が案外早く壊れてしまったので、今度はTOTO。

自分で交換できるのかネットで検索したが、ちょっと敷居が高そう。失敗の時のリスクが大きすぎる。

ネット業者が割引をよく工賃も安めだったが、ちょっと不安。

ちょうど、地元の業者さんと話す機会があったので、見積もりを頼むことに。

やはり、ネット業者の方がずいぶん安かったので、今回はネットで注文することに。

地元業者さんもトイレ交換は仕入原価の違いがモロに出る。厳しいと言っていた。断っても嫌な顔を一つせず感じがいい。また今度別のリフォームの相談をすることにします。

トイレ交換

トイレ交換はネットで「サンリフレプラザ」に頼みました。クチコミも良かったし、何より安い。

ネットで注文し、写真をアップロード、メールで日時相談。現代的だ。今日は工事の日。滞りなく工事開始。

古いトイレ

古いトイレ

前のトイレを外す。

取り外し

取り外し

こんな風になっているのか。

TOTO ネオレストAH2W

TOTOネオレストAH2W

TOTOネオレストAH2W

これが新しいトイレ。ネオレストAH2W。

TOTOネオレストAH2W右

TOTOネオレストAH2W右

TOTOネオレストAH2W左

TOTOネオレストAH2W左

TOTOネオレストAH2W裏

TOTOネオレストAH2W裏

作業中に床を貼り直すために、便器底面の型紙を作るため段ボールになぞらせてもらった。

重いからと、業者さんが持ち上げ移動してくれた。こちらの方も感じが良い。

設置完了

設置完了

1時間程で、終えた。

床は自分で張り替えると、伝えてあったので前部が変。

後ろ、便器が乗る部分ははがし辛くなるので、あらかじめ適当に剥してくれてある。

ネット工事は色々あるようだが、トイレ交換は「サンリフレプラザ」良かったです。

職人さんも感じ良く、工事も問題無かった。何より安い。

床貼りは自分で

床は前のやったことがあるので、また自分で貼ります。

床はがし

床はがし

前の床をはがし、新しい床の「型」として利用します。

便器の部分は前もって型どっておいた段ボールを写し切り取ります。

床切

床切

床貼り完成

床貼り完成

実際に乗っけて微調整して、床用両面テープで留めました。

床は自分でやると1万円近く節約になりました。

やはり新しいトイレは気分がいい。

PTTスイッチ

バイクに付けるアマチュア無線の送信スイッチ取付ステーを作った、

切り出し

切り出し

もちろんバイク用PTTスイッチは売っているが結構高い。専用線などの組み合わせで5000円以上はしてしまうし、他のこだわりポイントもあるので自分で作る!

ステーはアルミ門扉の廃材から切り出す。

ステー完成

ステー完成

スイッチの穴とミラーに付ける穴をあけて完成。

SW

SW

スイッチは ON-OFF-(ON) 中点OFFで片方ロック、片方ばね戻りする、いわゆる「片ハネのトグルスイッチ」。PTTスイッチ操作で手前に引いて短くしゃべり、奥に倒しロックして長くしゃべる事が出来る。これはバイク用市販品では見つからなかった。

2回路のスイッチにしたのは、PTTの誤動作防止で別付LEDをONで光らせようかと目論んでいる。

変な乳白色の物はスイッチの防水キャップに利用する。以前わけ合ってPCキーボードを分解したときに出て来たシリコン素材の物に穴をあけた。

防水キャップ製作

防水キャップ製作

裏側の防水はこれで作る。

100均の以前は「お湯丸君」だったが、今はこれ。

初めて使うが、出来栄えを気にしなければ意外と簡単。

組立

組立

出来上がるとこんな感じ。

線を付け、あまった隙間をコーキングで埋めれば防水になる。はず・・・・

完成

完成

配線して、バイクに取り付けたいところだが、まだバイクが納車にならない・・・・・・。

今日電話したら4月27日入荷予定との事。

このステーで付けて操作できるか、他と干渉しないか、試さないといけないので作業はここまで。

納車が待ち遠しい・・・・。

天井クロス貼り

トイレのリフォームというか、便器の交換をすることにし、これを機に天井のクロスを張り替えた。

業者さんに頼むと9000円の見積もりでしたが、自分でやれば、材料など一通り持っているので費用は無。

クロスは家の新築の時、余った物は捨てるとの事だったので貰ってあった物。もう20年近く前の物だ。

壁紙貼りセットは、去年、張替えをD.I.Y.した時の物。糊も去年の物だがまだ使えそう。

壁と違って天井はやりづらそうで自信がなかったが、とりあえずチャレンジ。

道具を作る

やはり、貼り方をネットで検索。壁紙屋さんに解説が。

壁紙屋本舗」様、参考にさせて頂きました。「天井オサエさん」を作ります。

天井オサエさん

天井オサエさん

天井オサエさん完成

天井オサエさん完成

壁紙を切る

天井寸法が120X180なので、約95幅の壁紙を130cm位で2枚切る。

壁紙90+α x 120+α 2枚

壁紙90+α x 120+α 2枚

古いクロスをはがす

トイレ天井はがし

トイレ天井はがし

ちょっとカッター切ってめくっていく。パテベラを使ってはがすとやり易かった。

トイレ天井はがし

トイレ天井はがし

すぐ切れてしまって面倒くさいが、難しくはない。きれいにはがせた。

前に壁をやった時、あまり一気にはがすと裏地も深くはがしてしまって凸凹になってしまった。

あまり勢いよくやらず、やや慎重にはがした。

糊付け

のり付け

のり付け

適当に付ける。

以前、糊付のクロスを買ったら結構べったりと糊が付いていたので、今回も真似て多めに付ける。

貼る

貼ってる最中

貼ってる最中

様子の分らない写真だが、2人で必死に張っているので写真はこれだけ。

私が解説してもしょうがないので、詳しくはネットで。

完成

完成

完成

何とか、きれいに貼れたが。結構大変でした。

ずーと上向いているし、ずれたり、はがれ落ちてきたり。

小さい天井だから出来たものの、普通の部屋は大変でしょうね。

とにかく、何とかなってよかった。

アルミロウ付け

バイクに無線のPTTスイッチのステーを作るため、アルミ廃材から切り出し、アルミ溶接が出来ないかと、考えました。

調べたところアルミ溶接は素人には無理らしい。その代り「ロウ付け」で加工できるようだ。

ロウ付け

バーナーとロウ付け棒

バーナーとロウ付け棒

バーナーは料理、炭起こしでも欲しかったので、即 購入を決意。

アマゾンで輸入の安いもので千円ちょいから有るが、レビュー評価が微妙。

イワタニのガス付が1980円だったのでこれに決定。

ロウ付け棒は、フラックスの要る物、要らない物、3本入りか、多いのにするか迷った挙句

フラックスの要らない225g入り(太さ若干まばらで15本入りだった)3519円を購入。

説明書付属

ロウ付け棒取説

ロウ付け棒取説

ロウ付け棒取説うら

ロウ付け棒取説うら

早速実験

ロウ付け実験

ロウ付け実験

アルミ廃材から切り出したときの切れ端を付けてみた。

アルミ板を熱っして。

ロウ付け実験2

ロウ付け実験2

ロウ付け棒をあてると、数秒で解け始めた。

ロウ付け実験3

ロウ付け実験3

別の廃材をあてて加熱。ロウ付けが溶け更に5秒程加熱し、火を止め数秒冷ましたら見事にくっ付いていました。

ロウ付け実験4

ロウ付け実験4

ただし、適当に付けるのは簡単だが、きちんと付けたい場所に正確に付けるの難しいと思います。

付けたいものを両方、うまく固定できないといけないでしょうね。

力を加えすぎるとアルミ材自体が溶けたり変形したりします。

素人には難しいので、あまりやる人がいないのでしょうか。

また、適当なもので練習します。

ヘルメットスピーカー追加

ヘルメットスピーカー追加

せっかくB+COM SB6Xを付けたのに、無線とgoogleナビが同時利用できないのは残念だ。

常時使うわけではないが、アマチュア無線(グループ無線)とインカム(近親者)での無線も同時に待ち受けたい。ナビも。

と、いうわけでインカムの他に、前に使っていたbluetoothオーディオレシーバーを追加します。

LBT-PAR-500

LBT-PAR-500

前は40mmスピーカーを使っていたが、片方に2個づつ入れるので、小さいのに変更。

スピーカー選考

スピーカー選考

色々試したが、小さすぎるのはやっぱり音が小さい。

FOSTERスピーカー

FOSTERスピーカー

FOSTERスピーカー

結局これに決定。

26mmで音も大き目、低音も他より出る。

やっぱり「FOSTER」です。

余談ですが、まだインターネット無かった頃、無知な私が、秋葉原で店頭表示「FOSTEX」スピーカー980円 を買ってきて、家で見たら「FOSTER」と書いてあって、・・・騙された・・・と憤慨していた。まさか会社がFOSTERだったとは・・・・20年位アキバの店を恨んでいた。ゴメンナサイm(__)m

スピーカー保護

メットに仕込むのに、むき出しではいけません。何か網状で固め、薄めの物は・・・・

100均ゴミ受け

100均ゴミ受け

前は植木鉢の底に入れる網を使いましたが、今回はこれを加工します。

スピーカー保護ネット

スピーカー保護ネット

切ったら、コーン紙に当たらないように指で押して湾曲させて、ホットボンドで留めます。

結線

3Pミニジャックと配線、2芯シールド線と2本平行線を付けるだけ。

3Pミニ

3Pミニ

後で配線もついでにホットボンドで取れづらいように強化しました。

完成

完成

ヘルメットに入れます

メットinダブルスピーカー

メットinダブルスピーカー

耳は案外前下側に来ます。(私の場合)

メットinダブルスピーカー全体

メットinダブルスピーカー全体

これで、両方ともよく聞こえます。

 

リアボックス取付

私のバイク用ではないのですが、リアボックスを付けました。

デイトナ マルチウイングキャリア

CB400SB 04年~ 用の 「75462」を使ってGIVIのリアボックス「B37」を付けます。

CB400SB 2013年

CB400SB 2013年

デイトナ マルチウィングキャリア CB400SF 04- 75462

デイトナ マルチウィングキャリア CB400SF 04- 75462

案外、簡単そう。

グラブバー取り

グラブバー取り

まず、グラブバーを取る。ネジが結構固い・・

部品セット

部品セット

グラブバー、キャリア金具、スペーサーに付属のネジにセット。

これをバイクのもとの場所につけるだけ。

簡単そうでチョット厄介。下向きにするとスペーサーが落ちるので、横から簡単にテープで留めたら簡単でした。

仮止め

仮止め

緩く止めて、トッププレートを付けます。

トッププレート付け

トッププレート付け

全部を締めて、キャリア付完了。

トップケースを付ける

モノロック凡庸ベース取付

モノロック凡庸ベース取付

B37に付属のモノロック凡庸ベースを付ける。

左右対称で穴の合う位置を見つけネジを刺す。

モノロック凡庸ベース取付裏

モノロック凡庸ベース取付裏

付属金具とネジで、いい感じにプレートと固定できるように金具を前後、角度を調整し固定。

モノロック凡庸ベース取付完了

モノロック凡庸ベース取付完了

完了

完了

簡単に取付できました。

37リットルのボックスは最初大きく見えましたが、取り付けてみると丁度良いフィット感です。

キャリアもボックスも積載量3Kgとなっていますが、両方ともしっかりした造りですので、もっといけそうに思います。