Windows10に無償アップデートまだ出来ました。

2020年1月14日 Windows7のサポート終了

Windows7を長年愛用し、2015年だったと思いますが、Windows10への無償アップグレードキャンペーン?で一度は10にしたのですが、何か使い勝手が悪いので すぐWindows7に戻してしまいました。

しかし、2020年1月15日、パソコンの電源を入れると・・・

スタート画面が出ないでコレが。

このままでは心配。

やはり、無償アップデート期間にやっておけばよかったのか・・・・

マイクロソフトのHPではWindows10無償アップデート期間は2016年で終了と書いてあるし、

ダウンロードページにあるWindows10November2019アップデートは7からのアップグレードではないようだ。

何かと買い替えを勧められている気がする。

しかしネット情報では、まだ無償アップデートできると、随所で見かける。

ならば再び無償アップグレードに挑戦。

意外と普通にアップグレードできる

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

今、これを書いている2020年1月18日現在、マイクロソフト公式HP内にあります。

早速アップグレード

「ツールを今すぐダウンロード」をクリックし

ダウンロードされた「MediaCreationTool1909」を起動。

メッセージに促され、進めます。

ライセンス条項に同意して次へ。

このPC以外や、ネット環境がない、又は遅いなどの環境のPCをアップグレードを選択することもできるようです。

「このPCを今すぐアップグレードする」にチェックを入れ「次へ(N)」。

アップグレードが始まります。

特に難しいことなく進みます。

PC内にメディアを作っているのでしょうか?・・・

またライセンス条項。さっきのはアップデートプログラム用、これはWIN10のライセンス。

同意して次へ。

このPCは小容量SSD+2TbのHDD構成なので、次のような案内が出ました。

Windowsインストールの場所の容量が小さめでもいろいろなやり方でインストールができるようです。

10分程して「インストールの準備ができました」。

・・・あ、まだインストールしてなかったんだ・・・

始まりました。

何度か再起動を繰り返し、初期設定。

設定を選択し「同意」を押下。

再起動を繰り返し、ついに・・

Windows10が起動。・・・やっぱ使いづらい。慣れるしかないか。

意外と簡単にアップグレードできました。

待ち時間が多いので、何かのついでにやるのが丁度良さそう。

このPCは5年ほど前のWIN7が快適に動いていたのをアップグレードしました。

特に調子の悪くなることもなく使えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください