2018 ETC 二輪車限定ツーリングプラン

今年も始まりました、ETC 二輪車限定 高速道路 定額乗り放題。

定額料金で予約の期日で範囲内の高速道路乗り放題の企画。

去年は2500円で関東近辺4コースの設定だったが、今年は東北から九州まで13コース、エリア範囲も拡大している。その分、値も上がっている。

定額プランなので、予約した期日内にその範囲内の高速道路に入って、出た時点でその料金がかかる。4000円のプランなら1区間でも4000円だ。ある程度以上乗らないと損。

関越道・上信越道・中央道コース

このコースで計算すると高井戸~諏訪が通常ETC料金で3380円。

関越-上信越経由の練馬~東部湯の丸は通常ETC料金3570円

フルに使って往復6960円の区間、2日間の間それに加え、高崎、前橋南に行ったり来たりしても定額4000円。無駄に走る必要はないが、首都圏からビーナスライン方面行くのなら、このプランを使った方が得だ。

おそらく、どのプランも2日ないし3日かけて範囲目一杯使う方が恩恵が得られる。

プランを使うに当たって、注意点がある。

予約が必要。

当日、高速に乗った後からでも申し込めるが、携帯電話などからだと、記入項目、別ウインドでの入力等が面倒。前もって予約しておいた方が簡単。

予約して、使わなければ自動キャンセル。料金は発生しない。

予約して当日、少ししか乗らない場合、キャンセルしないと満額取られる。

 

長距離移動の通過には使えない。

範囲内で出入りが無いといけない。通過だけでは適用されない。(首都高から接続はOK)

長距離移動には、深夜割とかを使ったほうがいいでしょう。

 

2017年の話ですが・・・

バイクで軽自動車用にセットアップしたETC車載器を使っている方、このプラン使えるのか?

去年は・・・・・使え、、、、、ました。

ETCゲートでETC通常料金が表示され、ネットETC利用照会では最初「確認中」で通常料金が表示され、後日「企画割引」で区間内が2500円に変わっていました。

予約では走行するバイクのナンバープレート番号で登録。車載器の登録は軽自動車の番号でしたが、大丈夫でした。

あくまでも去年使ってみた結果の話、今年は不明。そして軽自動車セットアップ機をバイクで使うのは自己責任で。

 

このプラン11月末まで続きますから、遠出の時、是非使ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください