水中ウォークマン

水中でも使えるウォークマンを使ってみた。

当方、健康のため水泳をやっている。

水泳といっても、ゆっくりとクロール(自己流)です。

1時間ほどやって退屈なので水中でもつけるという、ソニーウォークマン「NW-WS625」を買ってみた。

このシリーズは2種類あって、625はメモリー容量16GB。「NW-WS623」は4GB。

実売、16GBモデル625は17~19,000円、4Gモデル623は11~13,000円位だった。

音楽で、表示機能がないため、実際4GBあれば十分だと思うが、4Gモデルにはリモコンが付属しない。価格差を考えて16GBモデルを購入。

NW-WS625

NW-WS625

ホルダーにセットして充電。ホルダーにはマイクロUSB接続。写真に入れ忘れたがUSB-マイクロUSBケーブル70cm位も付属。

NW-WS625拡大

NW-WS625拡大

ホルダー経由でPCに刺して、メモリーカードのようにドラッグドロップでも音楽ファイルの取り込みや削除が可能。音楽ファイルはフォルダーごと入れて、そこだけリピート再生なども可能。便利だ。

イヤーピース2種X4

NW-WS625イヤーピース

NW-WS625イヤーピース

イヤーピースは水中用と通常用をLL,L,M,sの4段階付属。

水中用を付けると少し音量が小さくこもった感じになる。

水中で使う

イヤーピースを色々試し、私の場合、Lサイズがフィット。

肝心の水中で大丈夫か?

もちろん潜っても壊れない。ちゃんとに音は聞こえる。

泳ぐときは水の音がうるさいのでボリュームはMAX。

水中でやや早めの息継ぎの回転や、強めの蹴伸びなどでウォークマンが揺れ水が入る。

一度水が入ると、ほぼ聞こえなくなるので、一度外して拭いたり、耳の中の水を出したり、厄介。

イヤーピースLLにし、無理に押し込むとずれにくくなるが、完ぺきではない。

最近では他のイヤホンに付属イヤピース小を、水中用LLの内側に入れもっときつくなるようにしている。

とにかく現在、他に泳ぎながら聴けるDAPが見当たらないのでこれをしばらく使ってみます。

NW-WS625裏

NW-WS625裏

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください