マスクメロン

 

マスクメロン2個

マスクメロン2個

静岡産のマスクメロンだ!!

マスクメロンという品種はない。

確かにこのメロンにも「MUSK MELON」のシールが貼られているが、品種は「アールスメロン」。

wikiによると「アールスフェリボット」とあるが、通称「アールスメロン」。

香りの強いムスク(じゃ香)のように、香りの強いメロンだから。(決してムスクの様なニオイではない。)という事で、そう呼んだらしい。

千葉県や愛知県産は「アールスメロン」のシールが多かったと思います。

当方、以前八百屋を営んでおり、千葉県産アールスメロンをマスクメロンと言って売って、大変怒られたことがあります。個人的には同じと思いますが・・・

食べごろ

通常、固い未熟の状態で流通、販売しています。

常温で追熟させます。冬場はリビング、夏場は風通しの良い日陰、15~25度位でしょうか。

ヘタが枯れ、下部を押して少し柔らかさが有り、香りが出てきたら食べ頃です。

よく日付が書いて得る場合がありますが、環境でかなり変わります。

アールスメロンの場合、全体がやわらかいと熟し過ぎだと思います。

クラウンメロン

マスクメロン箱横

マスクメロン箱横

「クラウンメロン」は静岡のブランドです。マスクメロンでありアールスメロンです。

通常この箱に4~6個入り、千葉県産で等外ですが2玉、7玉入りなんてのもありました。

やはりこだわりが有るのでしょう、品質はいいですね。他県の物は当たりハズレがありますが、クラウンメロンは安定です。やはり値段も1ランク上です。

マスクメロン箱

マスクメロン箱

側面には重さ、等級、入数、生産者が記される。

同じ個数なら重い方が良い。今まで重すぎてダメだったメロンはない。

通常果物の等級は「秀>優>良」となるが、クラウンメロンは「富士>山>白>雪」だったと思う。上の写真だと等級は「白」、下の方だが実際に売っているのはこれが主流。地元の市場で「富士」は見たことがない。「雪」は明らかに見た目が劣る。

マスクメロン上

マスクメロン上

2個もらった内こっちは真ん中らへんの網目が粗いが、良いメロンだ。

マスクメロン下

マスクメロン下

こっちは波打った形。明らかに不恰好。

こういうのは中身、種の空洞が広く軽い。しかも完熟しても皮の近辺が固かったりする。

買う時は同じ下等級でも食味に影響しない方を選ぶのが吉。

今日、香りが出てきたのでいただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.