1. TOP
  2. 管理人プロフィール

管理人プロフィール

ネット副業サイト管理人

あなたは今の日々に満足ですか?

入社して7年目で30歳。
仕事も一人前にできます。
給料が月に23万円。
控除後の手取り18万円。
そこから家賃等の居住費。
ネットやスマホの通信費。
自炊しないので外食費。
結構かかります。

交通インフラ不足の地方なら、
移動に車は欠かせません。
燃料費や保険費が必要です。

そこに突発的な支出。
・突然の冠婚葬祭
・知人たちとの交際など
とても貯金はできません。

周りの友人は県外に引越し。
直接会う機会は減少。
SNSでしか交流がありません。

やりたいことも特にない。
淡々と仕事をこなす日々。

あなたは満足できますか?

ネット副業を考えても

サイトの管理人・潔。
ケイと呼んでください。

・給料が増えない
・お小遣がへった
・人間関係に疲れる
・貯金ができない
・会社の収入に不安など

こんな現状に満足できない時、
ネット副業を考えましたか?
「やってみようかな!」
思った経験がありませんか?

でも、取り組むとなると、

・ネット副業経験者がいない
・本業が忙しい
・ネット副業は無理と人が言う
・勤務が不規則
・ネット副業の知識がない
・ネット副業を学ぶ時間がない

その一歩が踏み出せません。

私がネット副業を始めた理由は

「サルサを踊りたい」

これがきっかけでした。

専門学校卒業前。
マッサージ師科に在籍中。

マッサージ師は免許制です。免許取得には二つの要件があります。一つは専門学校の必要単位を獲得。単位が足りないと受験資格が得られません。もう一つは年に一回の国家試験に合格。150問中最低90問の正解が求められます。この二つを突破すれば免許が与えられます。

受験勉強中、メールが着信。
「遊びに来ない?」
送信者は東京の友人でした。

受験の息抜きを兼ねて、
私は彼の誘いに乗りました。

東京駅に友人と合流。
駅から連れられた場所。
そこはダンスホールでした。

「踊れないよ」と言う私。
「見ても楽しいから」と友人。
私は諦めて椅子に座りました。

友人の社交ダンスを見ました。
何か背中が熱くなりました。
プロのダンスを見ました。
綺麗な動きにウットリ。
「私も踊りたい」
そんな気持ちが湧きました。

帰郷後、ダンス教室を検索。
条件は職場と学校に近いこと。
すると、ある教室がヒット。

数日後、教室を見学。
その場で即入会手続き。
すぐレッスンに参加しました。

教室の方針で準備体操はありません。その代わりにサルサを踊り、ワルツなどの社交ダンスは後にします。サルサに触れたのはこの時です。

両者とも懸命に頑張っているうち、社交ダンスへの憧れがなくなり、サルサに傾倒し始めました。受験勉強の時間を削っても、試験で赤点をとり追試になっても、サルサを踊りました。

ダンスホールに誘われてから半年後、国家試験にギリギリ合格し、マッサージ師の免許を取得しました。就職した先は某治療院で、働いてもサルサを続けるつもりでした。

就職は大きな誤算でした。
一日の拘束時間が長く、
休日も勤務や勉強会の出席、
レッスンに参加できません。

「これではダメだ」と、
1年後、治療院を退職。

そして、決めました。
サルサ優先の生活をするぞ!

治療のバイトを3つ掛け持ちしたり、レッスンに影響しないようにスケジュールを組みますが、うまくいきません。患者優先になってしまい、都合でレッスンに間に合わないことが多くありました。レッスンができたのは、月に平均8回程度。とても満足できません。

改めて決めました。

「サルサを踊るために独立」

1年の準備期間を経て独立。
治療院を開業しました。

独立後、収入が落ちても支出を見直せば何とか生活はできました。ところがここでも大きな誤算がありました。時間・場所・人の都合に拘束されるのです。売り上げが少ないときほど、収入を確保しようと奔走してしまうのです。

予約とレッスンの時間が重複すると仕事を優先したり、往診先と教室の距離間が長くなり教室に遅刻したり、予約時間の変更やキャンセルがあればレッスンを欠席せざるを得なくなるのです。

そうなるとサルサにも影響が及びました。レッスンに通う回数が減るだけではありません。踊りにキレがなく、リードも雑になり、パートナーから「リード下手ね」と、言われる始末です。

本業のマッサージの仕事は好きです。でも仕事優先すると、時間や場所や人に拘束され、サルサが踊れません。

サルサも好きです。でもサルサを優先すれば、収入が減り、マッサージや生活に影響します。

マッサージに影響を及ぼさず、いつでも、どこでも、誰とでも、サルサできるには? 私は悩みました。

そのときに出会った書籍。
それは『ネット副業の王道』でした。

『ネット副業の王道』

そこにはネット副業の魅力が紹介されています。その魅力を一言で要約すると「ネット副業は時間・場所・人の都合に拘束されない」ことです。

ネットの副業がうまくいけば、安心して好きな時間にレッスンを入れられるし、いつ・どこ・誰とでもサルサが踊れるし、稼げればキューバなどの外国でも仕事できるのです。

『ネット副業の王道』を読み終えたとき、カリブ海でPCを打つ私を想像しました。

どうすればネット副業で稼げるのか?

実はまだわかりません。このサイトを立ち上げたのは、知識も何もない私のネット副業体験を記事にしてみようと意図したからです。

・成功した要因
・失敗した原因
・苦労の乗り越え方
・ネット副業での泣き笑い

当サイトがネット副業を考えているあなたの役に立てば幸いです。

追伸

当サイトはネット副業に関する記事が中心で、管理人がネット副業で体験した成功や失敗、ぶち当たった問題や難題、「これはまとめておきたい」と思ったことを記事にしました。

ネット副業を始めた理由。
自由に生きたいからです。

会社勤務や独立しても、
時間・場所・人に拘束され、
やりたいことができません。

我慢すれば金は入ります。
でも、その為の我慢は嫌です。

我慢せず自由に生きるため、
何をすべきかと考えた答え。
それが、ネット副業でした。

ネットの知識があるのか?
ありません。

質のいい文章が書けるか?
全く書けません。

SNSをを使いこなせるか?
全然使えません。

結構できないことだらけです。
ネット副業で稼げるかどうか、
全くわかりません。

でも、決めました。

やりたいことを諦めるなら、
ネット副業に取り組もう!

1年後の2017年12月。
結果はどうなるでしょう?

わかりません。
が、やってみます。