1. TOP
  2. コラム
  3. ネット副業を始める上で必要なものとは?

ネット副業を始める上で必要なものとは?

思うような成果が出ないからと言って諦めてしまうことから卒業しましょう! 安易に諦めてしまったら、私のように後悔します。




諦めると不快な気持ちが消えません!


私はこれまで英検、簿記検定、税理士試験など様々なことに挑戦しました。結果は全て不合格。思うような結果も残せなくて、試験勉強を放棄し諦めました。

放棄して楽になったのかといえば違います。逆に苦しむようになりました。諦めたという気持ちが負い目となって、私を苦しめました。諦めたという事実を隠す行為が真綿で首が締められるように苦しく不快でした。

不快な気持ちは酒に向かいました。不快な気持ちを忘れようと飲酒量はどんどん増えました。ビール500ml缶で3本、ひどいと5本。飲まないと不快な気持ちが消えないのです。

何かに挑戦するという気持ちはなくなり、月日だけが過ぎ年を重ねたある日、会社からこう言われました。「やめてくれないか」のリストラ宣告。一旦は拒否しましたが、会社の執拗な退職勧奨に耐えられず、辞職しました。

転職してもまたリストラされる可能性があると思うと就職活動に熱が入らず、疲れ果てました。この時、もう就職はやめて、手に職をつけようと決めました。



試験に合格した要因は「つながり」!


選択した職業は、「マッサージ師」。マッサージ師は国家資格なので、まず、専門学校に入学しないといけません。

入学後に待っていたのは、解剖学・生理学などの西洋医学に、経絡経穴の東洋医学など、膨大な医学知識の習得でした。「膨大で難解な知識の習得なんて無理」、「また放棄しないか」、「不合格にならないか」など、ネガティブな考えを持ちながら勉強しました。

ところが膨大な知識を覚えることができ、諦めも放棄もせず、試験の合格に結びつきました。

英検、簿記検定、税理士試験では合格できなかったことが、どうしてマッサージ師試験では合格できたのか?今考えると、それは「つながり」を持つ機会に恵まれたからだと思うのです。

テスト結果を同級生と見せ合ったり、試験情報を交換したり、私生活の話題を持ち出して公私問わずに交流があり、互いに高め合ううちに合格を勝ち得たのだと思います。



孤独に耐えられないから「つながり」たい!


やりたい時間に取り組めます
好きな場所でできます
横から口出しする人もいません

ネット副業のメリットは時間・場所・人の都合に縛られないことです。でも、このメリットはネット副業で収入が発生している場合に限られます。

ネット副業は孤独な作業の連続で、一人で続けることは初心者にはとても厄介です。

人は孤独な状況に耐えられる動物ではありません。孤独に耐えられないと作業をサボったり、先送りしたり、溜めがちになります。

「明日に時間をとれば大丈夫」、「簡単な作業だから今日はしなくても」、などの言い訳をつけながら作業の手を止めます。

その言い訳が重なるうちにどこから手をつけていいかわからなくなり、この苦しさから逃れようと放棄しようとします。

人は不快なことより楽な方に向かう、辛さより一時の快楽を求める動物だからです。



だから「つながり」ましょう!


放棄した事実が負い目になるかといえば個人の性格によりますが、私は放棄した事実が負い目になり、隠して生活してきたことに苦しみを覚えました。

もう、こんな負い目を隠すようなことはしたくないし、ネット副業を始める前にこのような事態だけは避けたい!

私がネット副業を始めるにあたりとった行動は、「つながり」を作ることでした。

手始めに取り組んだのは、ブログやアフェリエイトをしている人との交流、互いが今取り組んでいるブログのこと、アイデアや不明なことなどを話し合うことです。

そうやって「つながり」を作ると、いろいろなことが起こるのです。

「つながり」があると、作業をサボろうとか、ネット副業を諦めようという気持ちが起こらなくなります。

「つながり」があると、ネットの知識が高まり、徐々にいいものができあがります。

「つながり」があると、思わぬ考えが閃きます。

一人でネット副業ができるのはあくまで上級者ぐらいです。

私のような入門者はネット副業を始めるより先に「つながり」を作る方が大切です。

ネット副業に失敗し諦めて放棄しないよう、「つながり」を作りましょう。