1. TOP
  2. コラム
  3. 今夜もコンビニ弁当をチンですか?

今夜もコンビニ弁当をチンですか?

ネット副業で失敗するのは努力不足ではありません。始めたときの気持ちが大きく、これが今後を左右するのです。

今夜もコンビニ弁当をチン!

勤務が終わる夜の6時。
仕事がないので残業もなし。
あっても残業手当がない会社。
同僚に嘘をついて退社。
出て向かった先はコンビニ。
夕食の弁当は買いません。
バイトをするためです。

制服に着替えてバイト開始。
レジ打ちに商品の陳列。
レンジのボタンをプッシュ。
愛想を浮かべる数時間。
単調な仕事です。

夜10時、夜勤者と交代。
タイムカードを入れ終了。

帰り道に立ち寄ったコンビニ。
弁当とビールをもってレジへ。
そこに私に似た人が接客。
ついため息が出ます。

家に着くと風呂でリラックス。
弁当をレンジでチン。
テレビを見ながら片手にお箸。
反対の手にはビール缶。

酔いもほどよく回り腹も満腹。
ベッドに潜りそのまま就寝。

若い時はすぐに眠れました。
でも、今はすぐに眠れません。
最近、寝床の中で考えます。
「どう楽に金が手に入るか?」

言葉の裏にある気持ちとは

「どう楽に金が手に入るか?」

「金が」という言葉。
社会人は金がかかります。
生活・交際費・ローン返済、
冠婚葬祭等の緊急支出など、
金がないと不安になります。

「楽に」という言葉。
それは体力の衰え。
体力は無限ではありません。
年齢を重ねれば疲労困憊。
肉体にも影響します。

「私は大丈夫」
そう思うのは間違いです。
疲労は体力を奪います。
あなたが気づかないうちに。

人は環境に慣れる動物です。どんなに暑くても寒くても、体がそれに慣れようとします。

疲労も同じです。体が疲労に慣れます。疲労に慣れてしまうと、「疲れていない」と過信します。疲労が重なっても体は動くと「このくらい大丈夫」と思い込み、頑張って働いてしまいます。

ネット副業で失敗するのは努力不足じゃない

「ブログ開設後、1ヶ月で50万円の収入」が気になって、バナー広告をクリック。広告を読むと簡単にできると思い込みブログを開始します。が、思うような成果は一向に現れず、意気消沈、放棄して終わります。

努力不足ですか?
勤務後に頑張りました。

知識不足ですか?
セミナー等に参加しました。

金や時間をたりないのですか?
書籍を買い、読みました。

頑張っているのに成功しない人が多いのです。ネット副業では100人挑戦して成功するのは1人ぐらいと言われます。残りの99人は放棄して終わります。なぜ失敗するのでしょうか?

「衝動」で行動するな!

それは「衝動」、感情的になって何も考えずに行動するからです。

山に登るとき、どうしています? 事前に準備して登るはずです。プロほど用具の準備、地図でルートを確認、スケジュールを調整、山に登る体力の考慮など、決して準備なしで体力もつけないで、衝動的には登りません。衝動的行動は事故につながることを知っているからです。

逆にアマチュアは登ってみたいという衝動的な気持ちで行動します。そのような行動は用具の準備や体力の考慮が欠け、事故を起こしがちです。

ネット副業で失敗した人もアマチュア登山家と一緒です。衝動で行動して自滅します。

なぜ、「衝動」で行動をしたのでしょうか?

それは行動の裏にある「不快な気持ちになる状況」から逃がれたいからです。

不快な気持ちになる状況とは、収入が伸び悩み、支出の増加、金が足りない、バイトで肉体が疲れるなど・・・気持ちを損なう状況です。

不快な気持ちになるほど冷静に考える余裕がなくなり、衝動的に行動します。

「1ヶ月で50万円」。冷静に考えればあり得ない数字でも、不快な気持ちが強いときほど、その文字に気持ちが奪われ、人に衝動的な行動を取らせるのです。

どのくらいで原稿一枚が仕上げられるか? どれだけネット副業に時間が作れるか? 能力も考慮しないで、衝動的にネット副業を始めるのです。

それは用具など準備しないで、登る体力や技術も考えずに山に登るようなもの。失敗するのは明らかです。

衝動的に始めたことの結末

ネット副業は気軽に始められますが、ネタが尽きた、文章が書けない、時間がない、ネット技術が上がらないなど必ず問題が発生します。そんな時に解決できる環境(詳しい知人がいるなど)があればいいですが、たいていはそこで自滅します。

「衝動」で始めたことは諦めることが簡単だからです。

「衝動」で始めたことは熱意などの気持ちが冷めやすいからです。

「衝動」で始めたことは継続させる気持ちを起こさないからです。

ネット副業に限らず、人生の中で何かを始めて止めたことが、あなたにもあるはずです。できないからといって簡単に諦めたことがいくつもあるはずです。

私にもあります。持っとけば役に立ちそうと思った税理士。本気でなりたいと考えたわけではありません。

大学卒業時、就職が大変な時代でした。なかなか就職が決まらない時に目に止まった資格教室の宣伝文句。その宣伝文句に踊らされて衝動的に勉強を始めました。

覚えられない、理解できない、解けない。ナイナイづくしで試験に不合格。勉強を継続する熱意はすぐに冷めました。

残ったのは資格教室に支払った代金の領収書と一円にもならないテキスト。やめると決めた瞬間、領収書やテキストをゴミ箱に投げ捨てました。

ブログをしています

今、私はネット副業でブログを書いています。

ネットの知識もありませんし、文章が上手に書けるわけもないし、イラストや写真のセンスもありません。それがわかっている上でブログを始めました。

画面が消えるなどのトラブルがあっても慌てません。最初からやろうとやり直します。

文章が書けなくても動じません。書けないならゆっくり本でも読んでネタを考えます。

イラストが書けなくても写真がうまく撮れなくても失望しません。デザイン本や写真集をみながらセンスを養えばいいと思っています。

どんなに問題やトラブルがあっても鷹揚に続けています。

そうやってブログができるのは、「衝動」で始めたからではないからです。やりたい、書きたい、試したい、というポジティブな気持ちでブログを始めたからです。

あなたが今取り組んでいること、それっ、「衝動」で始めていませんか?うまくいっていないなら、一旦手を止めて確認してみませんか?あながた取り組み始めた時の気持ちを!